東京の高度歯科治療なら菊地クリニック
HOME>ノンメタル治療

ファイバーコア

ファイバーコアについて
ファイバーコア

セラミックやプラスチックの芯の部分にグラスファイバーが貫いている歯の土台に用いる生体親和性材料。 虫歯で歯の神経(歯髄)を抜いて根管充填剤で歯髄腔を埋めた後、歯髄部分の2分の1のところまで整形して土台(低融金属や合金)を入れ、その土台を覆うようにして「金冠」や金冠の表だけに硬質レジンをコーティングした「硬質レジン前装冠」あるいは「硬質レジン冠」を被せるのが保険医療の定められた治療法である。
金属はイオン化する(溶け出す)のは化学の常識だが、歯科医療は未だに金属中心の治療法である。差し歯の後に歯茎が黒ずむのは何故? 犯人は金属のイオン化(溶け出し)です。特に土台に使った金属からの漏出はひどい二次病変を生み出します。
歯茎が黒くなるのは漏出した金属イオンが集積するからであり、 漏出金属イオンは歯茎の炎症や骨炎を起こします。歯の土台に金属塊を使うことにより残っている歯を破損させることもあります。


ファイバーコア(グラスファイバーを芯にしたセラミックやプラスチック)の土台は溶け出すことも無く、また歯を折ることもありません。
咬合力や咀嚼力あるいは外力を分散吸収します。不良補綴物が原因の外傷性咬合では外力が直接的に歯根の周囲骨に衝撃を与え続けます。骨炎を起こし骨髄炎に波及します。臨床では普通に認められる歯科医療の実態です。保険医療の適応が検討されないなら、自費でもファイバーコアを土台に使う治療学からの医学的根拠となります。